鎖骨骨折日記~めざせ登山ザックを背負える日

初めての鎖骨骨折から登山用の重いリュックを背負って登山復帰するまでの記録

鎖骨骨折日記【33】鎖骨骨折時にお世話になったもの:体のケアと服装編

鎖骨骨折後、リハビリや身づくろいのために役立ったもの

鎖骨骨折は手術をすれば日常生活にあまり不自由はしないが、それでも普段通りの服装ができるわけではなかったし、自宅リハビリも続ける必要があった。

そんな毎日の中で役立ったもの達。

 

f:id:Bibendumaru:20200421221037j:plain

①テニスボール

お手軽に手に入り、リハビリに大活躍。

・手術でがっちがちになった部分をほぐす。

具体的には鎖骨の下を鎖骨に沿ってコロコロ転がしたりちょっと押したり。
腫れが引いてきたら鎖骨と首の付け根のあいだあたりにおいてグリグリ押す。
指でやるより断然で長時間マッサージしていられる。

・背中や肩をほぐす。

鎖骨とは直接関係ない背中や肩が、凝り固まってしまう。
ベッドにおいてその上に狙った場所が当たるように寝転がり、体をちょっとだけゆする感じでほぐす。
自分の体重をかけるので楽に刺激を与えられる。
自分の指が届く場所でも、自ら押そうとすると仏心が働いてどうしても手ぬるくなるので体重で。
ほぐし続けているとベッド上だとちょっと物足りなくなり、床でやってみたら余りの痛さに絶叫ものだった。ヨガマットみたいなものがあればその上くらいでちょうどいいかも。

お勧めの圧迫ポイント

脇とウエストの真ん中あたりのちょっと背中寄り
(すべての肩こりの元凶。あまり気づかないがここがガチガチになっていること多し)

肩甲骨のまわり

腕の付け根(背中側)

テニスボールは常備しておくと鎖骨骨折関係なくマッサージに手軽に使えてお勧め。百均でも売っている。

②パーカー

手術後に着る服装の条件は2つ。
前開きであること。
傷跡が見えないこと。

シャツやブラウスにジャケットやカーディガンがあれば問題なしだが、
勤務先が「年中毎日カジュアルOK」なので、冬場はカットソーの上にカジュアルなセーターで通勤しており、ジャケットなど1枚も持っていなかった。
「かぶりの服が着られない」ためセーターが着られず、パーカー生活を送ることにした。骨折直後に慌てて購入した前開きのカットソー(介護用品みたいなやつ)の上にパーカーだ。
きれいに襟が立つパーカーは傷跡も隠れるしマフラーがなくても首がすーすーしなくて良かった。

それにしても、手術の傷跡が意外に襟ぐりから見えるのは想定外だった。
襟ぐりのぐっと開いたデザインでなければ傷のあたりは見えないと思っていたが、鎖骨はかなり体の真ん中から始まっているし、今まで意識せず着ていたカットソーの襟元からも手術跡は見える。
今はテープも貼っているしたいして気にならないけど、最終的には傷跡はどこまで目立たなくなるのだろうか。

③美容プラージュ

とにかく髪のブローができなくて困り果てた手術直後。大五郎カットになろうかとまで思いつめた結果、美容院で髪を洗ってもらうことを思いついた。

 

fraktur.arukuyo.com

 

かなり前だがやっかいな眼病を患い治療を受けた時に「入浴はしてもいいけれど目に水が入らないように」と医師に言われたことがあった。
そんなの絶対無理でしょ!とこの時も困った挙句、美容院で洗ってもらったことを思い出したのだ。その時にお世話になった美容院は残念ながら閉店していた。

私が通常通っている美容院にはシャンプーブローのみのメニューは無く、頼めばやってもらえそうだが、他のメニューの値段から考えるとおそらく4000円近くかかりそうな気がする。
他にいくつか近所の美容院を調べたがどこも安くても3000円以上だ。

高すぎる、、と悩んでいたら、突然思い出した。
勤務先の最寄りの駅に「美容プラージュ」なる大手チェーン店ができていたことを!
確かかなり安い値段が掲示されていたような。。
WEBサイトを開くと、なぜかいきなり富士山の画像がどーんと現れる。

www.plage-bb.co.jp


モットーは
「最高の技術でキレイに、ていねいに、そして早く」
「お客様が納得いく料金で」
うんうん。
つまり「早い、安い、きれい!」ってことね。
シャンプーブローのみのメニューは記載されていないので、店舗に電話して聞いてみると、税抜きで1500円!!
予約と担当者指名は不可能で、すぐに行きたい私には願ったり叶ったりだ。
この「思い立ったらすぐ行ける」というのもポイント高し。

さっそく行ってみる。
ドアを開けると「いらっしゃいませ!お荷物はロッカーにどうぞ!」と声がかかり、なんとなく居酒屋っぽい。
銭湯のロッカーみたいなのがずらりとそびえているので荷物を入れる。店内はかなり広くて壁際にずらりとシャンプー台。中央と反対側壁際ににカット席が並んでいる。
この時は夕方行ったせいかすいていたが、後に午前中に行ったときはいつも結構混んでいた。午前中にさっとすませて、、という人が多いのかも。

シャンプー席に座るとすぐに男性美容師が来てくれた。
男性ということもあり、かなり力強くて気持ちいい!
骨折後、両手でぐいぐい洗うことができていなかったもどかしさがふっとぶ!

そう、これこれこれよ!

洗髪後カット台に移動すると担当者が変わった。これがなんというかアルフィーの高見沢氏のような金髪のにいちゃんだったのでちょっとびびる。
大丈夫だろうか。。
「どんな風にしましょうか?」
「すそにデジパがかかってるので、ブローで延ばさずにくしゃっとしてください」
心配は杞憂に終わり、大変いい感じに仕上げてもらった!
見た目で疑ってごめん!
(その後一度も同じ美容師には当たらなかったが、この時のたかみーが一番上手だった気がする。)

良い意味で非常に流れ作業的に進むので30分もかからないし、美容師との会話に悩む必要なし。

更に、会計の際に驚きの言葉。
「シャンプークーポンお持ちですか?」
「持ってないですが、シャンプーブローでもクーポン券使えるんですか?」
「使えますよ」
WEBサイトから「ほぼいつでも」取得できるシャンプー無料券を、このコースでも使えるらしい。
次からはぜひ印刷してこなくては。

プラージュは病院の最寄り駅にもあったので、その後何度か利用し、「頭がっつり洗えない+ブローできなくて頭爆発ストレス」から大いに助けていただいた。
ブローはもちろん大成功だが、久々にがっつり洗ってもらえたシャンプーの心地良さよ。他人にしてもらうシャンプーって本当に気持ちがいいものだなあ。
しかもこのお値段。
たまにはプチ贅沢でシャンプーしに来てもいいな!
などと思い、実際にたまにリフレッシュやすっきりがっしり洗ってほしい時に訪れることもある。
ちょっとした時間つぶしに下手に高いお茶飲むよりも気分転換になる!
*クーポンは印刷して持っていかないと有効じゃないので注意。

④ブラトップ

ホックが止められない。
少しでも手術跡にストラップの重圧をかけたくない。
ということで、しばらくの間はブラトップをフル活用。何種類か持ってる中で
ユニクロのエアリズム、キャミ型ではなくランニング型が大活躍。
・乾きやすい
・手術跡にくいこまない
・レントゲンを撮る際脱がなくて良い
 キャミ型は金具がついているので脱がなければならない。脱ぐということは検査着を着なければならないので、結構面倒。
ランニング型ならトップスを脱ぐだけなので楽だし早い。