鎖骨骨折日記~めざせ登山ザックを背負える日

初めての鎖骨骨折から登山用の重いリュックを背負って登山復帰するまでの記録

日記

鎖骨骨折日記【15】遂に手術傷口と対面する(鎖骨骨折20日目:術後17日目)

手術後17日、ついに傷口と対面した。個人的には想像していた「フランケン状態」ではなく、キレイに仕上がっており一安心した。

鎖骨骨折日記【14】かぶりのカットソー復活(鎖骨骨折17日目:術後2週間目)

骨折後はかぶりの服が着られず、前開きの服ばかり着ていたが襟ぐりが広めで伸びがいいカットソーなら着脱可能になった。

鎖骨骨折日記【13】ベッドから簡単に起き上がる方法(鎖骨骨折2週間:術後11日目)

リハビリを受けながら、鎖骨と背中に負担をかけずにベッドから簡単に起き上がる方法を教わる。

鎖骨骨折日記【12】骨折部位を狙い撃ち!(鎖骨骨折13日目:術後10日目)

折れた部分にピンポイントで超音波をあてるため透視撮影なんちゃらシステムで調べてもらう。リアルタイムで自分の骨が見えるというレアな経験だ。

鎖骨骨折日記【11】術後初診察と初リハビリと超音波治療(鎖骨骨折10日目:術後1週間)

術後1週間でどきどきの初診察とこんなにすぐに?の初リハビリ。そして超音波治療を開始することになった。手術は人生初のくせに「手術って進化しているんだなあ」と感心する。

鎖骨骨折日記【10】三角巾を防具として初出勤(鎖骨骨折9日目:術後6日目)

骨折手術後6日目。骨折後ちょうど1週間休んで出勤。ラッシュの街中で身を守るため三角巾を装着していくことにした。

鎖骨骨折日記【9】両利きをあきらめて(鎖骨骨折7日目:術後4日目)

あたりまえだけど簡単に両利きにはなれない 使えない。。 これまでぬくぬくと数十年過ごしてきた左手は想像を絶する使えなさだった。特訓すれば両利きにとはいわないまでも、左手もある程度使えるようになるんじゃない?という妄想は1日で消え去った。わか…

鎖骨骨折日記【8】ヤマト式敬礼をしながら両利きに憧れる(鎖骨骨折6日目:術後3日目)

腕を自然に下げていると、なんとも重だるい嫌な感じがするので、結局無意識に三角巾につられているような体勢になっている。 ガッチャマンの「ラジャー!」というかヤマト式敬礼というか、、例えが古い。 調査兵団の「心臓をささげよ!」ポーズね。こうして…

鎖骨骨折日記【7】クラビクルバンドとのお別れ(鎖骨骨折5日目:術後2日目)

・着替えのコツは「着るときは痛い方から、脱ぐときは痛くない方から袖を通す」 ・今日からシャワーもOK。 ・クラビクルバンドは無しで三角巾を装着 さようならクラビカルバンド!

鎖骨骨折日記【6】手術当日(鎖骨骨折4日目)

手術当日はとにかく手術に関する説明とその同意書へのサインがいっぱい必要だ。今回、初手術にして初全身麻酔を経験したのだが、全身麻酔について勘違いしていたことがたくさんあった。。

鎖骨骨折日記【5】保存療法と手術のどちらを選ぶべき?(鎖骨骨折3日目)

●保存療法のデメリット ・ズレが大きいので変形が残る ・接合した後も鎖骨の長さが短くなるので、肩の幅が左右不均等になる(なんと!) ・クラビクルバンドが長期間必要 ・痛みも手術よりは長期間あるかも ・接合しなかった場合結局手術になる

鎖骨骨折日記【2】人生初の骨折決定 (鎖骨骨折2日目_1)

人生初の骨折を告げられる。完全に折れた鎖骨はバラバラに離れ、更に指先みたいな欠片が見受けられるという状態である。

鎖骨骨折日記【3】一人暮らしや同居人の手を借りられない人がクラビクルバンドを1人で装着する(鎖骨骨折2日目_2)

クラビクルバンドを一人で装着する方法を調べまくる。 装着すると驚くほど痛みが軽減する魔法のバンド。 鎖骨骨折の頼もしい相棒になりそうなのだが、とにかく装着がものすごくめんどくさいし、なんたって一人では装着できない。

鎖骨骨折日記【4】第三骨片のある骨折につのる不安(鎖骨骨折2日目_3)

骨が3つ以上に分かれてしまった場合、剥離して遊離骨片となったものが第三骨片で、【第三骨片】がある場合や骨のズレが大きい場合は保存療法ではなく手術が推奨されるとの情報を発見。このまま保存療法でいいのか不安がつのる。

鎖骨骨折日記【1】鎖骨骨折当日

肩から落ちた瞬間。 こういう時、走馬灯のような周りの景色を見ながらゆっくり落ちていくのかと思っていたけど、現実はそんなドラマチックなものではなく。あっと思ったら雪上に激突していた。幸い頭は打たず、唯一むき出しだった顔にも怪我はなし。流血もな…